約3年間住んでいた賃貸アパート

3年間ほど賃貸のアパートに部屋を借りて生活していましたが、引越しました。退去する時はせつなかったです。

約3年間住んでいた賃貸アパート

約3年間住んでいた賃貸アパート

結婚が決まり、嫁と一緒に住むために賃貸のアパートに部屋を借りて住んでいました。最初は2人だったのですが、子供も産まれ、3人になりました。子供も1歳を過ぎると1人で歩きまわるようになり、部屋も手狭になってきたなということで一戸建てを購入することにしました。また、隣のアパートでは1階の住人が2階の子供がいる住人にうるさいと苦情を言い、廊下で言い合いのけんかをしている場面を見たこともあったので、やはり近所への騒音を考えるといつまでもアパート暮らしをするのも限界があるかなと考え始めた頃でした。特に子供が夜泣きをしたりしたので、隣の住人や下の住人に気を使ったりしていました。

一軒家を購入し、引越しの荷造りを始めました。不要な物は捨てていくようにし、荷物もちょこちょこ自分達で新居に運んでいくと、アパートの部屋も広く感じるようになりました。部屋を退去するため管理会社に連絡をし、部屋を出る時に立ち会いが必要なので、立ち合い当日には立ち合いの時間より少し早めにアパートに行き、部屋を掃除しに行きました。掃除をしながら今までよくこの広さの間取りで生活していたなと思うこともありました。3年間、お世話になった部屋でした。

立ち合いの時間になると管理会社の人が来て、色々なところを点検し、カギを返却しました。この時点で契約も終わりですし、もともと賃貸なので自分の持ち物ではないのですが、今まで住んでいた部屋だけに、帰る時に管理会社の人が部屋に残り、自分と嫁と子供が先に部屋を出た時には、なにかむなしいものを感じました。所詮は借り物と分かっていても、なにか心にぽっかり穴が空いたような、そんな気持ちでした。

このページもチェック!