約3年間住んでいた賃貸アパート

日本には賃貸契約の初期費用として礼金を払うことがありますが、外国人からは理解できないお金のようです。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸を借りる時の礼金について

私が働いていた会社で一度ドイツからのインターンシップ生を受け入れたことがあります。ご存知の方も多いと思いますが、インターンシップとは社会人の見習いのようなもので、報酬は発生しないものの普通の社員と同じように働いてもらう、というシステムです。会社には寮のような施設がありませんでしたので、普通の賃貸住宅に住んでいただくこととなりました。従業員ではありませんので家賃も初期費用も本人の負担となりますが、手続等は会社の総務のほうで代行しました。

初期費用の精算をする際、インターシップ生が不思議がっていたのが、礼金についてです。敷金は同じように保証金のシステムがドイツにもあるのですぐに理解できたようですが、家主にお礼として支払う礼金についてはなぜそんなものが発生するのかと首を捻っていました。どうやらドイツにはないシステムのようです。確かに毎月賃料を支払うのに、部屋を貸してくれることへ対するお礼を別途支払うというのは、日本人が考えてもおかしな話です。買物をした時に、商品の代金とは別に売ってくれてありがとうとお金を払うようなものです。現在は礼金不要の物件も増えていますが、外国人から首を捻られるようなこの風習だけは早くなくしてもらいたいと思います。

このページもチェック!

サイトリンク