約3年間住んでいた賃貸アパート

失敗をしない賃貸住宅の借り方としては、家賃や住居の広さ、周辺環境をチェックすることが大切なのです。

約3年間住んでいた賃貸アパート

失敗をしない賃貸住宅の借り方とは

私は賃貸住宅を借りる際にはいくつかのポイントを注意しています。中でも一番大切なポイントは収入に合わない高い家賃の物件を借りないことです。予算はオーバーしているけども、素敵な物件は実際に内覧をすると気になってしまうものです。食費や娯楽費を抑えることで何とかなると考えて勢いで借りてしまうこともありますが、その場合は後で後悔をしてしまうことになりますので、最初に決めておいた家賃の上限金額は必ず守るようにしています。家賃が予算の範囲であれば次は物件の広さに注意をしています。

物件の広さは床面積もそうですが、実際に物件を内覧した際に置きたい家具や家電が設置できる物件かどうかを確認することが大切です。例えば下駄箱を今使っている物を置きたいと思っていても、サイズが合わずに置けない場合もあります。その場合は今ある下駄箱を捨てて、新しく購入をしなければいけません。これは家電や他の家具にも言えることですので、メジャーでサイズを内覧の際に測って確認をすることが大切なことなのです。他には物件の管理状態や日中の日当たり、駅までの距離や夜の周辺環境などを事前にチェックをしておくことで、失敗をしない賃貸住宅選びをすることができるでしょう。

このページもチェック!

サイトリンク