約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸マンションの家賃交渉は入居時と契約の更新時に行うと良いでしょう。出来ない場合もありますので注意です。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸マンションの家賃交渉について

賃貸マンションで家賃交渉をする場合は入居時と契約更新時だと思います。人によっては家賃交渉は難しいと言うこともありますが、それはその時の状況によると思います。駄目でも印象が悪くならない程度に交渉してみてはいかがでしょうか。何でも言われるままに契約するというのも都合が良い住民だと思われるだけになるかもしれませんので、少しは交渉をしてみるという形が私は良いと思います。

まず入居時の場合は、新築の賃貸マンションだと家賃交渉は難しいです。大家さんも建てたばかりでお金を回収しないといけませんから、入居者が多いマンションの場合はまず交渉の余地がないと言って良いです。しかし新築でもガラガラという状態であれば、条件を提示してこれくらいなら入居できますよと交渉することは可能です。また新築出ない場合も立地によりますが、駅に近い訳ではないようなところは結構、空き室が多いでしょうから交渉の余地はあります。

そして契約更新時にも交渉のチャンスがあるでしょう。この時にはマンションの状況が分かっていますので、空き室が目立っているようであったり、部屋などの不満点もあるでしょうから、交渉の材料は多くあると思います。駆け引きとして、引越しを匂わせるような形で話し合いをすると更新料をまけてくれたり、家賃の値下げにも応じてくれる場合があります。

このページもチェック!

サイトリンク